zenzenの放送大学奮闘紀 その23

今回は放送大学を卒業した後のことを考えて通信制大学の合同説明会に行ってきました。
場所は新宿エルタワー30F

少し早めについたのでゆっくりとしていて、開始時間の11:00 20分前になったのでエレベーターで
30Fへ

びっくりしました。

行列です。皆様並ばれて開場をお待ちの様子。
それもすごい人数です。少し圧倒されながらも最後列へ・・・

開場時間となり皆様と一緒に開場へ・・・

私は大学院の状況を聞こうときたのですが『佛教大学』『東京福祉大学』など通信制大学院で臨床心理士
第1種指定校の大学院はかなりの実習量でとてもとてもサラリーマンをやりながら修了できないことがわかりました。

そこで博士課程のある大学へ・・・

結果から書くと そこまでして大学院修士課程に行くのはやめました。臨床心理士は無茶でしたね。
作戦変更です。

放送大学も卒業する必要はないかもしれません。
前日の認定心理士説明会で 必要な単位を修得していて 大学を卒業していること
ですので 放送大学の卒業要件62単位に比べはるかに少ない36単位を取った時点で
認定心理士が申請できます。

その後、工学研究科の修士を修了している私は 博士課程の受験資格もありますので
そのまま博士課程の受験をする作戦です。

博士課程は急いだほうがいいというアドバイスでした。

そうなると 産業カウンセラーなどの資格につなげながら研究者としての道を歩みつつ
臨床心理士をゆっくりとればいいのです。それも第2種指定校で・・・

そう、放送大学大学院で十分なんです。

ということで大きな作戦変更。2年間(正確には1年間で36単位)取得して認定心理士の認定をもらうこととしました。

合同説明会はまだまだ各地で開催されます。興味のある方は行かれることをお勧めします。



http://www.uce.or.jp/setsumei.html




画像


通信制大学で学ぼう
楽天ブックス
渡辺一成文芸社この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年07月登録情報サイズ:単行本ページ数


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック