zenzenの放送大学奮闘記 その29

紹介する本は ユング派臨床心理学者の第1人者の 河合隼雄先生がお書きになった『ユング心理学入門』
です。ユング、フロイトなど深層心理を強く探求された学者の流れを汲まれた本ですのでこの方面、分野についての
本としては非常に優れており、将来何かの役に立つのではとおもっています。

と威勢良く紹介したのですが 楽天ブックスたよりないですね~ いい加減経ってから 注文にお答えできません ときました。はぁ~

ちょっと落ち込み加減です。

面接授業の追加申請時期です。

各学習センターによって若干のルールのちがいがありますね~

でも 働いている人が勉強できる環境をつくっているはずですよね~

神奈川学習センターのやり方だと 働いている人は 追加申請 できないですよ。
人気のある授業は時間のある方のみになってしまいますよ。

なんとなく不公平感が強く感じられます。

いったい大学はどんな人に勉強してもらおうとかんがえているのですか?

ユング心理学入門 新装版
培風館
河合 隼雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

hage
2010年10月14日 08:07
>いったい大学はどんな人に勉強してもらおうとかんがえているのですか?

別に勉強してもらわなくてもいいですよ。
不愉快な言い回しですね。

この記事へのトラックバック